ヰセキの農業~米の疎植~

ヰセキの農業~米の疎植~

疎植栽培とは坪当たりの植え付け株数を従来より減らして育てる栽培方法です。
ヰセキは低コスト・省力化に貢献し、様々なメリットをもたらす疎植栽培を提案いたします。

播種から田植えまでの労力とコストを半減し、生育や収量の面でリスクの小さい栽培技術

  • 育苗コストを節約
  • 苗の購入費の節約
  • 作付面積の拡大に伴う育苗ハウス不足の解決
  • 田植え時の苗補給の軽減
  • 収穫前の倒伏の回避
  • メリット 01苗箱数は10aあたり約半分の10箱以下

    慣行栽培の「60株/坪」に比べ、疎植栽培では「37株/株」で作付するため、苗箱数が約半分になります。

  • メリット 02育苗コストが約半分

    自家育苗の場合、種籾、培土、農薬等、全てが約半分の量で良いためコストが非常に節約できます。また、苗を購入する場合も購入する枚数が半分で良いのでコストも半分になります。

  • メリット 03田植え時の苗補給や苗箱の洗浄作業がラクになる

    田植え時の苗補給や苗箱の洗浄といった田植えに伴うお仕事。女性が行うことが多く枚数が多いと非常に大変ですが、この労力も半分になります。

  • メリット 04慣行栽培と同等の収量を確保できる

    約半分しか植えないことによる収量の低下は最も懸念されるところですが、疎植栽培なら問題ありません。広く伸び伸び育った苗は、地中の養分を奪い合うこと無く存分に成長し、1株から大きな穂がたくさん採れます。最終的に慣行栽培と同等の籾数(収量)になります。

  • メリット 05疎植の稲は茎が太く倒伏に強い

    疎植栽培の稲は、地中の養分を充分に吸収し、大きく太く育ちます。茎が太く、力強く根をはるので倒伏に強くなります。倒伏する稲が減ることで、品質や収量が安定します。また、稲の倒伏がないので、「狩りやすいので収穫作業の短縮」「コンバインが詰まらないのでメンテンスが容易」「労力を大幅に軽減」といった様々なメリットがあります。

ISEKIでは疎植のコスト低減のための新技術「密播疎植」を
開発しました!

詳しく見る(メーカーサイトへ)

さぁ、あなたも低コスト、低労力で従来と同じ収量を安定して得られる「疎植栽培」をはじめてみませんか?

ヰセキ田植機は疎植(37株植)を標準装備しています。

疎植対応田植機一覧(メーカーサイトへ)

奈良ヰセキは農家の皆様のパートナー

以下の有資格者が皆様をしっかりサポートします

・疎植栽培指導員(ISEKI資格)
・毒物劇物取扱責任者(国家資格)
・農業機械整備技能士(国家資格)

疎植栽培に関するお問い合わせはお近くの営業所まで

郡山営業所
〒639-1102 奈良県大和郡山市上三橋町174-7
TEL 0743-52-5031 FAX 0743-52-5032
田原本営業所
〒636-0246 奈良県磯城郡田原本町千代883-3
TEL 0744-32-2071 FAX 0744-33-3891
高田営業所
〒635-0014 奈良県大和高田市三和町17-29
TEL 0745-52-5671 FAX 0745-52-5672
五條営業所
〒637-0092 奈良県五條市岡町2543-1
TEL 0747-22-3014 FAX 0747-25-0938
榛原営業所
〒633-0222 奈良県宇陀市榛原上井足1998
TEL 0745-82-1201 FAX 0745-82-5954

奈良県農業情報

奈良ヰセキの商品
スタッフ紹介
人と大地のハーモニー 奈良ヰセキ
ページトップへページトップへ

奈良ヰセキ販売株式会社

エコアクション21 認証・登録番号0000673

Copyright © 2014-2017 奈良ヰせき販売株式会社 All rights reserved.